2008年10月31日

ふぃりっぷもーりす

 Javardryのテストシナリオで最近気が付いたんですが、モーリス等の敵のACを上昇させる呪文、無効化されちゃうのね。無効化対象から外すの忘れてましたわ。うん、まあそれだけなんですが。
posted by THU at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2008年10月29日

もぐりまくり だんぢょん Ver0.60

 報告も途切れて、一段落した気がしないでもないので、Flashゲームのページに「もぐりまくり だんぢょん Ver0.60」を載せておきました。ファイル名とか変更してしまったんで、今までのセーブデータは使えません。もしテストのつもりでやって頂けるんであれば、Ver0.58(デバグモードは名前入力で5963)をしばらく残しておきますのでそちらでお願いします。0.60でちょこちょこと修正はされてますが、大した違いはありませんので。
 携帯Flash版がメインのつもりなんですが、そっちはもうちょい直したいところがあるので、またいずれ。
posted by THU at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2008年10月22日

もぐりまくり だんぢょん Ver0.58

 もぐりまくり だんぢょんのバグ修正とか。今までテスト用にデフォでデバグモード起動するようにしてありましたが、今回から通常起動にしました。デバグモード利用時は、新規開始の名前入力時に半角で5963と入れてください。その後タイトルに戻るので、セーブデータは継続して利用出来ます。
 「もぐだん」は、暇つぶし程度にはなる小規模な手抜きRPGを目指して作ったわけですが、Denzi日記での感想や、コメント等を見る限りでは、どうやら目標は達成出来ているようです。しかし、あまりに単調過ぎやしないかという但し書きが付く状態で、もちろんそれはわかってはいたことなんですが、もう少し何とかした方がいいんじゃろか、と思ったり思わなかったりする今日この頃ではあります。ただですね、装備品等のアイテムや魔法を増やすとか、ダンジョン内に扉や罠を置くとか、その他イベントを増やすとか、やろうと思えばそりゃあ出来るんですけども、そゆことをあんまりやっていると、携帯電話で動かなくなってしまうのですよ。作り方があまりよろしくない所為もあるんでしょうが、ちょっと無理するとすぐにメモリ不足になるんですな。それに、あまり頑張ると手抜きRPGではなくなってしまうし(そこ重要なのか?)。
 そんなわけでですね、あまり手間のかからない範囲で何か出来ることがあればやっていきたいな、と。まあそうは言っても、ナイスな案が思い浮かべば大改造する可能性もないではないんですが、そげなことを言ってるとキリがないのでこの辺で。あ、今書いたようなことは私の問題なんで、不満点やら意見やらがあったらもちろん遠慮なく言って(書いて)もらって構いません。もし気が向いたらよろしくお願いします。

 書き忘れてましたが、バグ修正以外にもちょこっといじりました。細かいとこはもう覚えてませんが、とりあえず以下の四つは覚えてるんで書いておきます。
  • 酒場で音(音楽と効果音)のon/offを切り替えられるようにした。当然PC版のみの仕様。
  • 中盤以降、上り階段(地上への階段)の出現をランダムにした。ただしダンジョンに入った最初の階は必ず上り階段から始まる。
  • HP、MPが少ないときにダンジョン内で遭遇する冒険者が売ってくれる回復アイテム等の値段を、通常価格の1/3にした。
  • ダンジョン内で冒険者が売ってくれる装備品の値段を、25%〜75%の範囲でランダムにした。
posted by THU at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2008年10月20日

ジョニーの脱出大作戦

 DSの脱出ゲー。決して出来は悪くない、と言うよりむしろ出来は良い部類に入るかもしれない。アイテム使用時等の操作にやや不満があるが、大して問題になるほどではない。難易度はかなり低めで、初心者向けには丁度良いぐらいだろう。このゲームの最大の問題点は、そのあまりの短さである。全4ステージしかない上に、一つ一つがさほど長くないので、慣れた人なら一時間から二時間もあれば終わってしまうだろう。ゲームは長ければ良いというものではないが、さすがにこれはボリューム不足過ぎではあるまいか。同じくDSの脱出ゲー「THE 密室からの脱出」などは、値段がほぼ同じであるのに、全15ステージ(基本7ステージに、仕掛けの違う裏ステージ、及びラストステージで7*2+1ステージ)もあると言うのに。出来が悪いわけではないだけに、非常に残念なゲームと言える。
 DSユーザで脱出ゲー好きな人は、とりあえず「THE 密室からの脱出」を買っておけば間違いはない。CrimsonRoomも出ているらしいが、脱出ゲー好きでFlash版のCrimsonRoomをやっていないというのも考えにくいし、そもそも私もDS版はやっていないので何とも言い難い。携帯ゲーム機でプレイ出来る、という点に価値を見出すならアリかもしれない。中古で安く売っていたら買ってみるのもいいだろう。まあ、好き好きだが。
posted by THU at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年10月19日

もぐりまくり だんぢょん Ver0.55

 もぐりまくり だんぢょんのバグを直したりとか。えーと、ダンジョン内で冒険者から武器を売ってもらうときに、値段の端数切り上げを忘れてたのと、魔法ダメージ値がマイナスになったときの処理を忘れてたのを直したような気がします。あと会話パターン増やしたりとか。

> 旧来ang的な、ダンジョンスカム型のゲームだったんですねー
 ダンジョンスカムという言葉を初めて聞いたんですが、何度も入り直してよさげなダンジョン構成になったときに攻略する、みたいな意味でしたらば、特にそういうやり方は想定してませんでした。ま、そこら辺のやり方は好き好きで。

> セイレーンを倒すところが一番燃えて、あとは下降していくかんじですかね
 セイレンまでは燃えられたのか。それはそれで意外ですが、確かにそれぐらいまでは魔法もあまり使えなかったり、あるいはようやく使えるようになったりする辺りで変化があるんでそれなりに楽しめるのかなー。その後はもう、延々同じこと繰り返すだけだしねい。うーん、中盤以降の敵をも少し強くすれば……って、そう単純な問題でもないよなー。せめてラスボスを強くするか。でも最後の最後で無駄にレベル上げさせられるのもかったるいしにゃー。ま、自分でも通しプレイして考えてみますわ。
posted by THU at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2008年10月18日

ギャワー! モテモテ王国の七巻じゃって〜!?

 今さっき知ったんですが、モテモテ王国の七巻がコミックパークってとこで買えるんだそうですよ奥さん。オンデマンド印刷とやらで、通常のコミックではなく、かつ多少高いようですが、まあそんなことは構いやしません。早速注文したっつーの。でもサイズが違うらしいんで、それはイヤかもしれない。だからって六巻までオンデマンド印刷版で揃え直す気はしませんけども。さあ、皆も注文するんじゃよ〜。
posted by THU at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月17日

バッグバグにしてあげる

 Jsardry(JavaScript製の方)なんですけどね、またしても重大バグ発見ですよ。2ch風掲示板で教えてもらったんですが、打撃防御効果が機能してないアイテムがあるというバグが。調べてみたら、倍打効果がなくて、打撃防御効果が複数あるアイテムの場合に、打撃防御効果が適用されてないと言う、そんな微笑ましいバグがって全然微笑ましくねえよ。ちょっと首くくって来たくなりましたけども、泣きながらバグ修正しておきましたんで勘弁してください。しょぼん。
posted by THU at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

安価にRPGを作ってみた

もぐりまくり だんぢょん

 意外と制作期間が長くなってしまったので、手間を考えると安価と言えるのかどうか疑問ではありますが、携帯電話用Flashで手抜きRPGを作ってみました(安価ではあるが、アンカーではない)。以前から愚痴ってましたけれども、携帯用のFlashは制限が多くて色々と断念した部分も多いです。必死こいて解決した部分もいくつかはありますが、大抵はサクっと諦めました。そこら辺が安価たる所以ゆえんでしょうか。PCでは動くのに携帯電話だと動かない、あるいは快適には動かないってのが多いんですよね。ダンジョン移動が遅いとか、メモリ不足になるから広いダンジョンが作れないだとか、、au携帯でないとセーブが出来ないとか。セーブはどうしようもないですが、ダンジョンはもう、ノンフィールド型にした方が良かったのかもしれないですね。多分ないけど、もし次があったらノンフィールド型にしようと思います。
 で、ここからが本題なんですけども、例によってデバグっつーか誰かテストプレイしてくれないかなーみたいな。上の画像クリックすると、PC用でのデバグ用ページに飛びますんで。部分部分ではバグ取りしてますけども、全編通してはプレイしてやしませんので、多分どっかにバグがあることでしょう。あと、バランス調整はまったく出来てません。敵の強さとかはなんとなく設定して、ほとんどそのままです。PCでのプレイ用に効果音と音楽をつけたんですけども、それ関係のバグとかもありそうで怖い。デバグ用に、デバグ屋ってのを用意しておいたんで、テキトーに利用しつつプレイしてみてもらって、バグとか、気になった点(敵が強いとか弱いとか、金足りねえとか、アイテム入手率が低いとか)とか教えてもらえると助かります。ただねえ、自分でちょこっとプレイして思ったんですが、予想以上につまらないな、コレ。Wizは転職だとかそういう要素があるからレベル上げが楽しいんじゃろか。まあそんなわけなんで、無理にやってくれとは言えません。放置プレイでもしょうがないですな、これは。
posted by THU at 01:13| Comment(8) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2008年10月15日

ワールド・デストラクション

 久々に大外れなRPGをやりましたよ。DSのワールド・デストラクションっつーゲームなんですけども、これ、褒めるとこがないんですよね。なんか大作RPGっぽく宣伝してましたけど、FC中期のRPGぐらいの内容しかないんじゃないかなあ。世界設定は、人間と獣人が共存している世界で、魔物っぽいのがいて、基本的には剣だのが武器だけど銃器も存在して、魔法という表現はされてなかったかもしれないが魔法っぽいのもあって、まあなんと言うか、今じゃ普通にそこらに転がってるような世界です。で、獣人が貴族階級みたいな扱いで、人間が虐げられていて我慢がならないので、こんな世界は撲滅してやるんだーいとかなんとか息巻く頭のおかしいヒロインに巻き込まれて、実は世界を滅ぼす力を持つ存在だとかいう主人公が頑張ったり頑張らなかったりする話です。
 えーと、酷いところが多すぎて何から説明すればいいのか迷うんですが、とりあえずお話から。世界を撲滅する、というのが主人公の(と言うかヒロインの)目的なんですが、RPGのラスボスが破壊神やらなにやらで、すべてを無に帰すとか言うことがあると思うんですけども、どうもそれに近いことをやりたいようなんですね。しかも大した理由が何もなしに。一応、獣人に力で支配される人間たち、みたいな描写もあるんですが、平和に共存してる村だのもあるし、世界を滅ぼすほどのこととも思えない。と言うか、獣人たちを倒すとか、その支配体制を打ち崩すとか、そういう話ではなくて何故いきなり世界を撲滅とか言ってるのか、そこがさっぱりわからないわけですよ。頭おかしいとしか思えません。他にもおかしいところは多々あるんですが、最初っからこれなもんで、まともに突っ込む気力もありゃしません。
 他には……

  • 3D描画の街移動時のカメラ視点がクソ過ぎ。っつーか死ね。
  • 戦闘システムがダメダメ。っつーか死ね。
  • 自由度が低すぎる。そのわりに引き込まれる話でもない。っつーか死ね。
  • ダンジョンがグダグダ過ぎ。謎解きがあればいいってもんじゃない。っつーか死ね。

 細かいとこ突っ込みだすとキリがないからこんなもんでしょか。300〜500円くらいの携帯電話用RPGなら合格点をあげれる……かどうかはともかく、許せるレベルだと思いますが、この内容で5000だか6000円だかとっちゃあ、そら詐欺ってもんですよ。ストーリー考えるの面倒だったんで、ウチの中学生の子供に考えさせました、とか言われても驚かないね。
posted by THU at 14:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム