2009年02月10日

Wiz だんぢょん

 Wizっぽい待ち受けを作りたいなあと思いまして、当初は「いてっ」とか「おおっと! テレポータ」とか「このケチな背教者め! 出て行け!!」なんてなメッセージが表示されるものを考えていたんですが、それじゃあつまらないと考え直してダンジョンを自動で移動していくようなのを作ってみたら余計につまらなかったという罠。まあ今後何かに流用出来るかもしれないし、せっかくなので残しておくとしまふ。下に置いたのはPC上での動作テスト用で、自動移動はしませんが自分で操作出来ます。だから何? という感じではありますが。カーソルキーで移動や振り向き、Shift+左右でカニ歩き、エンターでドア蹴り開け、Mキーでマップ表示。

posted by THU at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月07日

涼宮ハルヒの憂鬱

 よーやく観ましたよ、ハルヒのアニメ。いやあ、こういう話だったのねえ。内容は、まあ今更解説するのもどうなのかと思うので説明しませんが、なかなか面白かったね。設定は確かに今風(と言うか、ライトノベル定番と言うか。セカイ系とか言うんでしょーかね)なんでしょうけども、なんつーかこう、昔読んだジュヴナイル小説とか思い出しましたよ。特定のタイトルが思い出せないんですけども、えーと、児童文学ともまた違うんでしょうが、要するに今のライトノベルに相当するような作品群でしょうか。なんだか、そういう時代の臭いを感じますね。要するに、王道なのか。小説第一巻にあたる「憂鬱」エピソードの最後を観ていたら、何となく日渡早紀のアクマくんシリーズの、えーと、マジック★スウィートだっけかな、そんな感じのタイトルの短編を思い出しましたが、あんまり似てないか。まあいいや。
 しかし、24話くらいあるのかと思ってたんですが、全14話しかないんですな。いや、短いのはいいとして、DVD一本に二話しか入ってないって、どんだけボッタクリなんだよ、と。100円レンタルの日に借りれば良かったぜチクショウ。
 ところで、小説もやはり抑えておくべきなんでしょうかね。ライトノベルは、読むのは抵抗ないんですが、コストっつーかねえ、値段分の文章量がないので買うのは大いに抵抗があるんじゃよねえ。古本屋で探すかのぅ。