2010年12月31日

ダンジョン画像

 画像の変形がうまいこといかずに諦めていたダンジョンの画像表示ですが、力技で表示させてなんとかならないかなーと挑戦中です。まあ挑戦も何も、表示させるだけなら、そりゃあ可能なんですが、重さのあまりモニタにパンチを入れたくなったりしたらどうしようって話ですよ。それでなくとも重いっつーのにねえ。と言うか、プログラムがどうっつーより、まず画像を用意する時点で諦めそうです。慣れてる人ならどうってことはないんでしょうけどもねえ。ふぅ。

dungeon
posted by THU at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2010年12月27日

Javardry & JavardryEditor テスト18

 色々と修正したくてたまらない、でもテストするのは面倒でしょうがない。そんな年頃です。いや、嘘です。まあ一度手をつけ始めると止まらなくなるもんで、ちまちまと頑張ってはいたんですけどもね。まだやる気はそれなりにあるんですが、さすがに疲れてきたのでここらで小休止ってとこでしょーか。どーせまた大量のバグを直す作業が待ってるわけですしね。やろうと思ってまだやっていないことは……まあそのうちやっときます。多分。
 今回修正したのは以下の通り。


  • 一つの座標に任意の数のイベントを設定出来るようにした。
     これまでは条件に一致した場合と不一致の場合の二通りしか設定出来ませんでしたが、もっと色々設定してぇんだよ! という意見があったので修正してみました。最初っからこうすべきだったよね。でも主にWiz#1を参考にしたせいか、一つの条件に対しての分岐しか考えられなかったのよね。
  • 種族、職業に出現条件を追加。
     冒険者の作成時に選べる種族や職業(及び転職時の職業)は固定だったんですが、出現条件を設定出来るようにしてみました。特定イベントを終えていないと選べない種族だとか、あるいは作成や転職では選べず、アイテムのSPでしかなれない職業とか、そんなんを作れるんじゃないかなーとか思った次第です。
  • 無敵のモンスターを作れるようにした。
     殴ったり呪文をかけても0ダメージしか与えられない無敵のモンスターを設定出来るようにしてみました。何の意味があるのかってーと、まあル'ケブレスのようなイベント戦用でしょうね。あれは1ダメージは与えられたんだったかな? まあいいさね。
  • モンスターの回復能力を0〜999から-999〜999に変更
     ターンごとに勝手にダメージを受け、放っておけば勝手に死んでくれるというそんな儚いモンスターを設定出来ます。まあ、そんなモンスターがいてもいいぢゃない。
  • モンスターへの毒ダメージ(毒を与える呪文効果)の追加。
     モンスターの状態異常は睡眠(及び気絶)・沈黙・抑制しかなかったんで、毒も加えてみました。麻痺だの石化だのは気絶があるからいいかなーと。
  • 呪文効果に「持続HP回復」を追加。
     種族の能力や、アイテムの特殊能力として付与される持続HP回復(一歩ごと、ターンごとのHP回復)効果に加えて、呪文だのでも効果を付与出来たらいーんじゃね? と思って作ってみました。まあなんと言いますか、リジェネ的なアレ。戦闘中のみと、移動中も効果ありの二つを作ってみたんですがどーでしょね。
  • 呪文効果に「持続HPダメージ」を追加。
     ターンごとにダメージを受ける効果……って、まあ要するに外伝の雲系呪文を作れるようにしましたってことね。私自身は雲系呪文ってまどろっこしくてあんまり使った記憶がないんですが、呪文のバリエーションを増やすのにあった方がいいのかなあと。ダメージ値をマイナスにすると回復効果としても使えるんですけども、そうなると戦闘中のみの持続HP回復っていらなくね? ……まあ、こっちは持続ターン数を設定出来るし、あとは効果の消去をする呪文効果が別になってるので、使い分けが出来るんじゃないかなーと。
  • 呪文効果に「正面の空間を調べる」を追加。
     外伝3と4に、正面のブロックが石かどうか調べるカルコって呪文がありまして、あんま使った記憶はないんですが、使いようによっては面白いのかなあと思って入れてみました。でもこれを生かせるダンジョンって、どんなんでしょうね。
  • 呪文効果の「MP回復」、「呪文習得」の呪文レベル指定方法を変更。
     これまでは、1レベルから指定した呪文レベルまでをすべて回復・習得してたんですが、個々に分けられた方がよくね? という意見がありまして、そう言われりゃそうだよなあと思ったんで修正してみました。うまく使えば、一部のレベルの呪文だけを使える職業とかも作れそうな気がします。まあダンジョン内のイベントで習得させる手間がかかりますけども。
  • 冒険者やモンスターを対象とする呪文効果で、抵抗率(もしくは成功率)の設定がないほとんどの効果に、抵抗率を設定出来るようにした。
     抵抗率が設定されていない効果は、HP回復や状態回復、あとはAC修正とか、抵抗率設定する意味あるのかよって効果ばかりでしたが、抵抗判定があれば何か使いようもあるのかなあと思って設定出来るようにしてみました。う〜ん、HPが半分以下の場合にのみフル回復する呪文……はいらないよなあ。ま、特定職業のみ回復するとか、特性値が変化するとか、そんな風に使えたらいいなあと。
  • 玄室警備モンスター、イベントモンスター戦に勝利した際のフラグ操作を可能にした。
     ボス戦に勝利したとしても、これまでは戦闘後にアイテムが入手出来るだけで、そのアイテムを捨てるなりすれば再戦が可能でした。それもまたWizらしいっちゃらしいんですが、やはりフラグ操作が出来た方が色々とやりやすいことも多いだろうってことでいじってみました。
  • 商店に並ぶアイテムが全て揃ったときに、アイテムの入手、フラグ操作、メッセージ表示を行えるようにした。
     これはかなり初期からやろうと思ってたけど面倒そうだったので保留のままにしてたヤツです。アイテムコンプリート時に記念品の贈呈があるのは、外伝からでしたっけね? GBC版#1〜#3なんかにも何かあったっけかなあ。作ってみたら意外と簡単に出来たのでちょっと怪しいけども、一応ちゃんと動いてるっぽいです。
  • 計算式に使う冒険者のデータ参照で、種族と職業を参照出来るようにした。
     要望があったので作ってはみたんですが、職業に関しては汎用修正値でなんとかならないかしらん? ま、あっても困ることはないだろうと思ったんで取り入れてみましたよ。特定種族や職業のみに効果のある呪文(アイテムやイベントでの呪文効果)なんてのを作れるかと思います。あれ、そうなると性別や性格もあった方がいいんかな? まあいいや。
  • ステータス画面で冒険者の顔画像を一応表示出来るようにした。
     これは、まあ一応表示は出来るようにしたんですけども、ゲーム中でファイル名を指定させたりするのも(作るのが)面倒だったんで、PC名と同名のファイルを表示にしてあります。同名のPCには同じ画像が表示されますし、名前を変更したらファイル名も変更してやらないとダメです。まあ、これはおまけですなあ。


posted by THU at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2010年12月16日

Mozc+dict

 Mozc(Linuxで使えるGoogle日本語入力のオープンソース版)なんてのがあるらしいですが、語彙データが少なくて実用には少々厳しい……らしく、辞書をぱうわあっぷさせたものを配布している方がおられるよーです。その方から、ことわざや四字熟語のデータを追加するに当たってウチのことわざ辞典を使わせてもらえねーべかという問い合わせがありまして、どんぞどんぞと答えておいたんですが、どうやら作業が一段落したようです。別段ことわざに特化しているわけではなく、新語・流行語・アニメ・俗語・ネットスラングなんぞはすでに追加されているとのことですので、Linux使いの人は試してみるといーんじゃないかしらん。

posted by THU at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月03日

Javardry & JavardryEditor テスト17

 フラグがセーブされなくなっていたバグを教えて頂いたので修正しました。他、ランダムテレポートで別の階に移動した際のフラグ変更部分がミスっていたので直したのは内緒です。
 いじくったついでに、マロール(テレポート)進入不可エリアと呪文使用不可エリアを設定出来るようにしてみました。マロール進入不可は階ごとの設定では以前から可能でしたが、一部のエリアのみ不可ってのを出来ると面白いかもなーと思って作ってみました。呪文使用不可は、呪文のみ不可、アイテム不可、呪文とアイテム使用の両方不可の三種類を用意してみました。呪文使用不可エリアでは戦闘中も呪文を使えませんし、モンスターも呪文を使えなくなります。
 さらに呪文効果に、玄室モンスターの消去と再配置を追加しました。探索用に玄室モンスターを消すアイテムとか、その場で戦闘になる警報とは別に、玄室モンスターを再配置する警報のトラップなんかに使えるかと思います。まあ今回の追加も全部エルミナージュの影響なんですけどもね。

posted by THU at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作