2011年06月22日

父の日、母の日

 父の日だとか母の日って、一体何を贈ったらいいのやら迷いませんか。私は両親に限らず、誰かに贈り物をするのが苦手、と言うか贈り物選びがえらく苦手で、以前友人の結婚祝い兼第一子誕生祝いに何を贈るか散々悩んだ挙句、結局人に相談して選んでもらった(なんかこじゃれた感じの食器セット)こともあります。
 両親に関しては、年に何度もというのは面倒なので誕生日は無視して父の日・母の日にのみ何か贈ってるんですが、自分で考えてもろくなものにならないので、最初から何が欲しいか聞くようにしてます。今までのは……あんまりよく覚えてませんが、高級化粧水だとか血圧計だとか運動器具だとか服だとか、そんなんだった気がします。母はネタが尽きたらしく、ここ二、三年は旅行に行って来るからその代金を出してくれと言ってきて、ある意味楽で助かります。父は、今年はジャケットか、もしくは気軽にはけるズボンが欲しいと言うので一緒に店をのぞきに行ったんですが、ジャケットが予想外に高かった。4万のジャケットってなんだよ。自爆装置でもついてんのか。まあちょっとこじゃれた店に行った我々が悪いんですが、父と二人してあんな高いの怖くて着れねえよとか言いつつ何軒かのぞき、結局アメリカ屋で8000円ぐらいのズボンを買いました。
 あんまり稼ぎの良い仕事はしてないので、いつも大体一万くらいで収まるようにお願いしてるのが風情がないっちゃあないんですが、そもそも相手に選ばせてる時点で贈り物としては風情がないですな。でも、欲しくもないものを貰っても、そらまあ感謝したフリぐらいはするでしょうが、実際さほど嬉しくないというかむしろ困ってしまうでしょうし、素直に相手に何が欲しいかを聞いてしまうのもいいんじゃないのかなーと思ったりするんですが、どうなんでしょうね。もちろん相手にもよりますので、困ったらとりあえず商品券というのも一つの手ですが。
posted by THU at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月12日

D・V・D!! D・V・D!!

 いや、姉DVDがどうという話ではなくて。
 以前からメインPCのDVDドライブの調子が悪くて、イジェクトボタンを押しても(あるいは取り出しコマンドを実行しても)数回に一回しか開かなかったり、CDやDVDを入れても読み取らないことがあったりしてたんですが、ちょい前からとうとうイジェクトボタンを押しても全く開かなくなりまして、イジェクトピンでの強制イジェクトでなんとか使っている状態でした。叩いても直らないし、あまりにかったるいので電気屋で4000円くらいでテキトーな新しいやつを買ったんですけども、後から考えたら、今から買うんだったらブルーレイ使えるやつ買った方が良かったんじゃないだろうか。まあ今のところ特に必要性は感じてませんけども、あれば多分使うだろうし。……いや、その前にPCを新調すべきか。OSを64bitにするかどうかで悩んでいるうちにまた今度でいいや、なんて思っちゃうんですよねえ。う〜ん、まあまた今度考えるとしませう。DVDがまともに使えるようになったし、もうしばらくいけるだろう。HDDがそろそろやばい気もするけどナ!
posted by THU at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

部屋のお片付け

 地震の影響で家の瓦が落ちたり壁にひびが入ったりしてまして、瓦はともかく、壁のひびなんてのは実際壁紙が割れて(裂けて)るだけだったりするので放置でいーじゃないと思ってたんですが、ウチの両親……というより母親がそういうのをえらく気にする性質なもので、数日前に業者が修理に入ることになりましてね。一部は壁自体を直さないといけないし、壁紙なんぞはほぼ全面的に張り替えなきゃならんっつーこって、タンスだのなんだのを父親と二人して泣きそうになりながら移動させて、いざ業者が入ったらば壁自体の修理や壁紙を剥がしたりはするけども、壁紙を張るのはまた別の業者が必要で、一週間以内ぐらいには来れると思うがいつになるかはっきりとはわからないとかぬかしやがるわけですよ。家具を何度も動かすのが面倒なんで、私の部屋は本棚や机やベッドで子供が作り上げた迷路みたいになってます。一日二日なら、たまにはこういうのも面白いなあと言ってられますが、いつになるかわからないってえのはちょいとキツイですなあ。家にいる時間の長い両親の方が大変でしょうけどもね。
 震災の後、私の部屋は壊れた本棚だのを処分して、溢れた本を部屋の隅に整理もせずに積み上げて片付けたフリをしていたんですが、今回業者が入るにあたって壁際を空けなきゃならんってことで、ここらで気合を入れて部屋の整理をしちまおうかと、引越しレベルの片付けをしてみました。押入れ(洋室だとクローゼットとか言うんでしょーか)にぶち込みまくっていた段ボールを全部開けて、外付けのFDDとか230MBのHDDとかスーファミとか中学生の頃に作ったタッチセンサーライトとか企業実習で作ったカウント回路だとかのメカ類や、学生の頃のテキストとか、えーと、色々捨てまくったんでよく覚えてませんが、とにかくかなりの量のものを捨てました。こういった片付けをするときは誰しもあることだと思うんですが、小学生の頃に流行っていたミニ四駆とかエアガンとかルービックキューブとかルービックスネークとかルービックマジックとか、そゆのが出てくるとついつい遊んでしまいますよね。卒業アルバムとか文集とか、あるいはイラスト帳を眺めたりしていつのまにやら時間が経ってしまったり。そんな誘惑と戦いつつ、まあほとんど負けたんですが、それでもなんとか頑張って作業を進め、今日(と言うか今さっき)ようやくほとんどの片付けが終わったわけですよ。あ、エアガンとかルービックキューブはもったいないので甥っ子にでもあげようと思います。喜ぶかどうかは知らないけど。
 と、すっかり書き忘れてましたが、私の部屋の片付けで一番やっかいなのは本でして、三つほどの壊れた小本棚の代わりに中本棚を一つ買い、入りきらない本やこれまで無理矢理本棚に押し込んでいた本はプラスチックケース(衣装ケースっぽいけど頑丈なヤツ)八つにぶち込み、それでも入りきらないのは古本屋に持って行きました。いつだったかにも本の整理をしたはずなんですが、いつのまにやら溜まってしまうもんですな。ちなみに、今回は段ボール箱六つほどを一杯にして持ち込んで、五千円くらいになりました。二千円くらいになればいいなあなんて思ってたんで、ちょっと嬉しい。今回はマンガ本が多かったんで、多分それで高くなったんでしょう。
 片付け(不要なものの整理だの)は終わったんですが、壁紙の張替えが終わるまでは部屋が迷路状態なので、部屋が片付くとすっきりして気持ちがいいね、と言えないところが残念。あと、今後のことを考えると、そろそろ自炊(本の電子化)するようにした方がいいのかなあとも思うんですが、どんなもんでしょうね。マンガや小説は本のままがいいんですが、今回は捨て(売ら)なかった(買ったのはいいけど見やしない)画集とか結構多いんで、そゆのをなんとかしたい。さすがに手持ちのフラットベッドスキャナで一枚一枚読み取る気にはならないんでドキュメントスキャナを買わないといけないんですが、カラーイラストの類をどれくらい綺麗に読み取ってくれるのやら。あとサイズもA3が読めるタイプじゃないとダメだろうしなあ。……そろそろスマートフォンも欲しいし、自炊はしばらく先かのぅ。本棚やらケースだので数万かかってるんで、ちと財布が寂しい今日この頃です。
posted by THU at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記