2012年01月23日

真空保温パネェ

 ウチはガス釜でご飯を炊いて電気釜で保温をしてるんですが、最近、母親が「朝に炊いたご飯が夜にはもうカピカピになっているでござる! なんとかするでござる! 絶対に働きたくないでござる!」などと言い出しまして。いや、最後のは嘘ですけども。今までは、多めに炊いて長期保存するときは、電気代がもったいないからと器に移して冷蔵しておき、食べるときに電子レンジで温めたりしてたんですが、退院後は色々と面倒臭がるようになって、電気釜(保温釜)が何とかならんかと言い出したわけです。電気釜の温度設定とかいじくればもう少し持つようになるんじゃね、とか思って説明書を見てみると、そもそも保温は最大12時間までにしてくださいとか書いてあるのね。そりゃあ朝炊いたのが夜にはカピカピになるわ。
 この12時間保温っての、そんなに古い電気釜でもないのにずいぶん短いんだなあと不思議に思って調べると、実はこれが普通らしいですね。1万〜2万円くらいの各社の電気釜を調べてはみたんですが、大抵が12時間までで、長くても24時間とかそんな感じのようでした。ところが、そんな中で一つだけ保温がすげえことになってるヤツがありまして、東芝の真空圧力かまど炊きってヤツです。内釜を真空にすることでご飯の酸化を防ぎ、最大40時間保温してくれるって話ですよ奥様。
 真空圧力かまど炊き、及び真空かまど炊きとか、なにやら何種類かあるんですが、求めてるのは保温釜としての機能だけなんで、一番安いのを買おうかなと何件か電器屋を回ってみると、2万5千円くらいするんですよ。2万以下ぐらいなら買おうかなと思ってたのに、2万5千円ってあなた、それだけあったら酢だこさん太郎が一体いくつ買えると思ってるんですか。馬鹿なの? 死ぬの? まあ5万〜10万円とかするような高級機種も置いてるので特別に高いってんじゃないんですが、それでも低価格帯の中ではやや高めなお値段設定なので躊躇もするってもんですよ。そんなわけで、どうせネット通販でも千円か2千円程度安いぐらいだろうけどそっちで買うかと探してみると、1万8千円で買えるんでやんの。1万円以上は送料無料だし。どういうことなの。ヤマダとコジマとケーズは猛省するといいよ。いや、まあ店舗販売にも色々とあるんでしょうけども、さすがに2万円前後の商品で7千円の差はないわー。買う気失せるわー。
 はい、気を取り直しまして実際に使った感想なんですけども、炊飯の方は前述のように未使用なのでわかりません。と言うか、私の場合は多分使っても他のと違いがわかりません。よっぽど酷い炊き上がりじゃなければ、大抵はおいしく感じられる幸せ体質です。そして期待の40時間保温ですが、これはもう文句なしですね。40時間まではまだ試してませんけども、30数時間経過しても黄色くなったりカッピカピになったりせず、おいしく食べられます。12時間ぢゃダメだ、もっと長く保温出来ねえのかよコン畜生! と嘆いている方にはお勧めです。まあ、手間より電気代が気になるんだぜ! という家庭も多いでしょうけれどもね。
posted by THU at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記