2014年08月29日

Javardry & JavardryEditor テスト57


  • [Javardry、マニュアル] 冒険者攻撃時の(職業による素手の、あるいは装備した武器の)ダメージ計算式で、攻撃対象となるモンスターの能力値を参照出来るように変更。
     モンスターのダメージと違ってちょいと面倒そうだったので保留にしてたんですが、どうせ後からやることになるんだろうなあと、思いきって変更してみました。これで、ドラクエとかでお馴染みの防御力(AC)で直接ダメージ値を減らす仕様に出来るようになりました。多分。

posted by THU at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2014年08月26日

Javardry & JavardryEditor テスト56


  • [Javardry、マニュアル] モンスターのダメージ計算式で、攻撃対象となる冒険者の能力値を参照出来るように変更。
     ACを下げて攻撃を躱すことによってダメージ値を下げるWizの仕様からするとどうなんだという気もしますが、要望があったのでとりあえず出来るようにしてみました。信仰心の低い冒険者は受けるダメージが大きくなるとか、そんな感じの使い方でしょうかねえ。ちなみに、冒険者が攻撃する際のダメージ計算式(素手や武器のダメージ計算式)ではモンスターの能力値参照は出来ません。
  • [Javardry、マニュアル] 戦闘中のコマンド選択時にも、顔画像を表示させるように変更。
     これも要望があったんでやってみたんですが、正直どうなのコレ。ステータス画面での顔画像表示ですら、おまけで出来るようにしただけだからなあ……。

posted by THU at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2014年08月22日

格安SIM

 スマホの使用料って、クソ高くないですか。通話もネット利用もたくさんするって人にはいいんでしょうが、無料通話分を使い切ったこともない、ネット利用も重いデータはWi-Fi中心でLTEの通信はさほどしていないって人には、なんだか他の利用者のためにクソ高い料金を払わされているようで不満を感じることもあるかと思います。いや、まあ私がそういう不満を持ったというだけなんですけども。で、前々からMVNOだとか格安SIMだとか言ってスマホを安く運用出来るサービスがありますよーみたいな記事を見てはいたんですが、すべてドコモの回線を使うサービスだったんでスルーしてました(ドコモ嫌いなんで出来るだけ関わりたくない)。
 ところが、ちょい前にmineoというau回線を利用のMVNOが登場しまして、先行予約の割引があるってんで、人柱の報告を待つことなくさっさと切り替えてしまいました。これでいざ運用開始してダメダメだったらどうしようとドキドキだったんですが、今のところ、まったく問題なく使えてます。月々の基本データ通信容量は1GB(超えたら200kbpsに制限)で、データ通信のみは980円、音声通話付きなら1,590円(私はこちら)となっており、これまでauに4〜5,000円払っていたのが馬鹿みたいに思える値段です。実際、月々どれくらいLTEのデータ通信をしているかと言うと、大体500MBくらいでした。動画だのは家で(PCで)見るし、アプリの更新等はWi-Fi環境でやるし、LTE時にはテキストメインの通信ばかりなので、まあこんなもんでしょう。
 今、auの料金はなんぼなんじゃろと思って調べたら、新料金プランってのが出てるようですね。通話はカケ放題2,700円(二年縛り)、データ通信は容量を選べるようになって、一番安いのが2GBで3,500円。……うん、やっぱりau解約して良かった。通話が多い人にはお得なんでしょうけども、ねえ。まあデータ容量選べるようになってるのはいいんですが、せめて1Gで1,000円台の選択肢がないとお得感がないような気がする。
posted by THU at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月21日

タブレットPC

 自炊した漫画を読むのにタブレットを試してみたいと思い電器屋に見に行ってみました。Apple製品は今まで何となく避けて来たのでiPadは候補に入れておらず、スマホで使ってるAndroidってことでNexus7辺りがいいかなーと思っていたんですが、7インチって漫画を読むには微妙に小さいかもしれないですね。1ページづつ縦表示なら問題ないんでしょうが、見開き表示だとかなり厳しそう。10インチなら見開きも問題なさそうだが、持ち運びには大きすぎる。中間ぐらいのサイズのはないのかと思って眺めてみると、ASUS VivoTab Note 8とかいうのが8インチで何かよさげ。しかもOSはWindows8.1ときたもんだ。MSのSurfaceの存在は知っていて、ちょっとと言うかかなり興味はあったものの、値段が高いし10インチはちょっと大きいかなーと思ってたんですが、今はもうこんなのが出てるのね。Windowsタブレットならいざというときのサブマシンとしても使えるから、ろくに使っていないノートPC(VAIO Type P)を処分出来るなってことで、結局VivoTab Note 8を3万ちょいで購入。専用ケースやBluetoothのキーボードとマウスも買ったんで4万近くにはなってしまいましたが、今まで10数万もかけて小型のノートPCを買ってたことを考えれば安いものです。
 よく調べもせずに購入したASUS VivoTab Note 8ですが、とりあえず、希望通りに使えてます。漫画を読むだけならMetroだかModernだかいうタッチパネル用っぽいUIのまま、Modernアプリを使ってそれこそiPadやAndroidタブのように簡単なタッチ操作だけでいけますし、従来のWindowsデスクトップっぽい画面に切り替えて今までのWindowsアプリを使うことも出来ます。デスクトップ画面を指やタッチペンで操作するのにはちと慣れませんが、デスクトップ画面を使うことはそうそうなく、もし使うときは大抵家にいてBluetoothキーボードやマウスが使えるときなので問題はなさそうです。さすがにCPUはそれほどぱぅわのあるものではないようですが、メインPCがトラブったときにWi-Fiでネットサーフィンが出来て、あとはJavardryがまともに動けばよいので、私にとっては充分です。ちなみに、とり夫氏のJavardry the kingは軽快に動作しましたが、剣匠王はやや重かったです。midi再生が重いのかなー。
posted by THU at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月20日

自炊地獄

 毎日自炊するのが大変で主婦の苦労が少しはわかった……という話ではなく、本の自炊の話。
 何ヶ月か前から本の自炊をしてました。本の自炊ってのは書籍をPC等に画像データとして取り込んで、PC等で読める(見れる)ようにすること、らしいです。漫画本が1000冊以上あってあまりに部屋が狭くなってしまっていたので、ここはいっちょ流行りの自炊ってやつでもしてみるべえかと、裁断機とドキュメントスキャナを購入しまして、えんやこらと取り込んでみたんですが、いやあ、やはりフラッドベッドスキャナとは違って楽でいいですね。フラッドベッドってのは、よくあるタイプの平らなスキャナで、画質を(もしくは値段を)気にするならいいんでしょうが、一枚一枚手でセットして取り込むことになるので手間がかかります。ドキュメントスキャナはインクジェットプリンタのような形をしていて、プリンタが多量にセットされた白紙の用紙を飲み込んで印刷していくように、まとめてセットした印刷物を一枚づつ、しかも両面同時にスキャンしていってくれるという自炊時には必携のナイスなますぃーんです。高価なフラッドベッドスキャナに比べると画質はよろしくないとか聞いた気もしますが、漫画本を取り込む程度ならまったく気にならないですね。写真集とかは……どうなんだろう。試しに画集を取り込んでみましたが、色合いがちょっと違うかなという気はしましたが(調整がうまく出来なかった)、特にこだわりのない私からすればまったく問題ない感じでした。
 小説も取り込むとなると大変なので漫画本だけを取り込むつもりで始めたんですが、一冊一冊は5分〜10分もあれば裁断から取り込みまで終了するものの、量が多くて心が折れそうになったので、お気に入りの漫画200〜300冊ほどを取り込むことにして、残りの800冊ほどは古本屋に売っぱらいました。1万8千円くらいで売れて、今までで一番高く売れたんじゃないだろうかと思ったりもしましたが、単純に今までで一番冊数が多かっただけですね。で、取り込み用に残した200〜300冊ほどの漫画を、来る日も来る日もえっちらおっちらと取り込み続け、つい先日、ようやく終了致しました。もっと早く、一、二週間もあれば終るかと思って始めたんですが、えーと、始めたのがいつだったかよく覚えていないんですが、多分二ヶ月くらいかかってます。休みの日はほとんど自炊に費やしたつもりではいるんですが、単純作業だけにやっていると気が狂いそうになって、休憩を挟みながらの作業のために作業速度が大分落ちてしまっていたんでしょう。とりあえず、一仕事終えた心持ちです。
 せっかく漫画本を自炊して部屋も広くなったので、今後、漫画の購入は電子書籍でいいかなーと思ったりしてます。紙の本の方が断然読みやすいですが、PC等で電子書籍を読むのもさほど苦になるわけではないですし、よほど気に入って是非とも手元に残しておきたい、という本でない限りは、(特に漫画本は)電子書籍でも問題ないような気がします。ただ、いくつか気になる点があありまして、電子書籍版って、紙の本より販売が遅いんですよね。一週間後とか、せめて一ヶ月遅れぐらいならばまだいいんですが、ものによっては一年ぐらい経ってようやくとかあるみたいで、どうにも安定しない感じです。そもそも電子書籍版がない場合もあるでしょうし。あまりに出ない場合は紙で買って自炊、かなあ。あと、値段も特に安くはないんですよね。紙代がかからない分、なんぼか安くなってもよさそうなもんなんですが……。電子書籍は日本ではいまいち広まっておらず、ヘタするとサービスがなくなってしまいかねないとかいう話もあるようですが、なんとか頑張って欲しいものです。
 ちなみに、PCで自炊した漫画を読む際には、Leeyesというフリーソフトが便利です。類似のソフトは多々あるようですが、このソフトは自動で見開き判定をしてくれるのがグッドです。
posted by THU at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記