2019年01月29日

[自炊] ダークエルフ物語

 小説の自炊、どうにも時間がかかるなあ。電子ペーパーで読む関係で、漫画の自炊と違って黄ばみを取るだけでなく余白を削る作業が(私の環境では)必要なんですよねえ。ただ余白を取るだけなら自動でまとめて処理出来るフリーソフトなんかもあるんですが、本文以外のページ番号とか章のタイトルとかも削るんで、ある程度は手作業になってしまう。それが面倒なんで電子書籍で買い直していたところもあるんですが、電子書籍では出ていない作品も多いし、出てる作品も全部買い直していたら一体いくらかかることやらわかったもんじゃない。いや、わからないこともないか。数えちゃいませんが、売らずに手元に残してある小説は多分300〜400冊くらいで、一冊の値段が……バラつきがあるのでとりあえず700円として、全部が全部電子書籍化されてるわけでもないので、まあ20万もあれば買える、のかな。う〜ん、私には大金ですが、手間を考えると買うのも有りな気がしないでもないな……。でもまあ、先の日記に書いたように無駄になる可能性もあるし、地道に作業を続けますかねえ。
 ちょい前に横溝正史氏の作品を自炊したんですが、続きまして、つい先程R.A.サルバトーレ氏のダークエルフ物語三部作、アイスウィンド・サーガ三部作(富士見ドラゴン・ノベルズ版全6巻)、ダークエルフ物語ドロウの遺産四部作の自炊を終了しました。お気に入りの作品なんで、電子書籍化されていれば購入しても良かったんですけどもねえ。人気がないと言うより、圧倒的に知名度が低いんでしょうかね。何かこう、キャッチーなイラストにして売り出したら……まあ多少は売れるかもしれませんが、あんまり買いたくないですな。
posted by THU at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説等