2017年03月25日

アルファ化米

 震災時に食べてやたらとうまく感じた非常食(備蓄食料)がありまして、アルファー食品の安心米【山菜おこわ】ってやつなんですけども、5年保存可能で、お湯を入れて20分(水の場合は60分)で美味しいごはんが食べられるというナイスなヤツです。本体価格350円でちょっとお高く感じるかもしれませんが、出来上がりが約230gと茶碗中盛〜大盛りくらいの量がありますし、長期保存が可能でしかも美味しい、というのは非常に魅力的だと思います。
 以前に購入して保存しておいたものが期限切れになっていたので、次は山菜おこわ以外も買ってみようと調べてみると、アルファー食品の安心米以外にも、尾西食品のアルファ米、サタケのマジックライス等があり、種類も白飯・わかめご飯・五目ご飯・えびピラフ・炒飯等、色々なものが出ているようです。
 アルファー食品の海鮮おこわ尾西食品のチキンライスドライカレーなんかを適当に購入して保管し、これで一安心と思っていたんですが、ふと、そういやどれが人気あるとか調べるの忘れていたなあと思い調べてみたところ、アルファ化米は基本的に美味しくない、という記事があり驚きました。不味いわけではないが、非常時ならともかく通常時はあまり食べたいものではないとか。おかしい、以前に山菜おこわを美味しく感じたのは非常時だったからなんだろうかと、期限切れの山菜おこわを食べてみたら、やっぱり美味しいじゃあないですか。自分の味覚にはあまり自信はないですが、この差は何なんだともう少し調べてみたら解決。アルファ化米には特有のパサつき感があるそーなんですが、山菜おこわにはもち米が使われているのでもちもち感があって美味しいのだそーです。しまった、それを知っていたら全部おこわにするんだったのに。
 何もなければ五年後の買い替え時に、おこわ以外のアルファ化米も食べてみようと思います。
posted by THU at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック