2021年09月29日

買い物メモ(電気シェーバー、LEDシーリングライト)

 ひげ剃りには使い捨てのT字カミソリと電気シェーバーを半々くらいの比率で使用してまして、電気シェーバーはPanasonicのラムダッシュ(5枚刃)を愛用しています。ブラウンのヤツを買ったこともあるんですが、中位機種だったせいか深剃り具合がイマイチに感じられ、速攻でラムダッシュの5枚刃に買い替えて以降、ずっとラムダッシュを使用してます。そのラムダッシュ、なんか動かなくなった(バッテリを交換してもダメ)ので買い替えたんですけども、もう3台目なんですよね。常に最新機種を追いかけたいとかそんなことは微塵も思っておらず、数万とか出して買ってるんだから10年ぐらい動いてくれよと思っているくらいなんですが、何故か3〜4年くらいでダメになってしまう。ソニータイマーならぬ、Panasonicタイマーでも仕込んであるのか。まあ、そんなに乱暴な取り扱いはしていないつもりですが、かと言って慎重な取り扱いをしているわけでもないしねえ。本体の耐用年数がどれくらいを想定しているかはわかりませんが、バッテリは3〜4年くらいらしいので、バッテリを交換してでもさらに使おうとか考えず、素直にそこで買い換えるのがいいんですかね。
 買ったのはES-CLV9U-Sというヤツで3万ちょい。なんか今では6枚刃なんてのも出てるみたいだけども、替刃のストックがもったいないのでまた5枚刃にしてみた。次回は6枚刃かなぁ……。

 部屋の蛍光灯照明が壊れた……と言うとちょっと嘘か。調光用のヒモが千切れまして、根本のところを結び直そうと思ってカバーを取ったら、内部のプラスチックの部分が劣化してボロボロと落ちてくる状態でした。ヒモを結ぶところは見当たらず、ここが怪しいなと調べようとして触るとまたボロボロと崩れてきて、これもう買い替えた方がいいんじゃないかと思った次第。照明器具なんて何かソケットみたいなヤツ(引掛シーリング、と言うらしい)から外して、またそこに付けりゃいーんだろぐらいの認識だったんですけども、よくよく見たらソケットがなく、直付けされてました。照明って、そういうのもあるのねー。
 引掛シーリングを取り付けるには電気工事士の資格持ちでないとダメってことで、ネットでテキトーに業者を調べてみると、出張料金が3000円〜5000円くらいで、作業料金が2000円〜4000円くらい、あとは引掛シーリングの部品代って感じで、まあ大体6000円〜1万円くらいが相場なようです。1万以内なら誤差の範囲と思えるし、業者なんてどこでもいいかと、全国展開してるテキトーなトコに電話をかけて、「お住まいの地域の担当(業者)の者から折り返し連絡させます。作業の関係で少し連絡が遅くなるかもしれません」みたいなことを言われて待つも、連絡が来ない。昼前に連絡したんですが、夕方になっても、夜になっても連絡が来ず、あれ、電話聞き逃したんじゃろかと履歴を見てみると、非通知の着信があった模様。非通知拒否設定にしているから気が付かなかったんだけども、え、まさかこの電話? 電気関係の業者って、客のところに非通知で電話かけるんだろうか。それが普通? 時代に乗り遅れてる? いや、まあその電話が業者からなのかはわからないんですが、違うなら違うで連絡がきてない事になるわけで、それもどうなんだっつー話ですよ。
 別のトコに電話してまた同じことになるのもイヤだし、大型電気店と言うか、家電量販店で取り扱ってないのかなーと、近くのケーズデンキに行ってみたんですが、普通に取り扱ってましたね。しかも出張料金が2200円と大変良心的なお値段。まあ店で照明器具を購入した人向けのサービスってことで安めになってるのかな? 省エネという言葉にひかれてPanasonic製の少しお高めなLEDシーリングライトを購入したんですけども、その他の工事費は6000円くらいでした。出張料金、古い直付け照明の取り外し代、古い照明の処分代、引掛シーリングの設置代、新しいLED照明の取り付け代、全部込みで6000円とか、ちょっと安すぎませんか奥さん。まあ私が事前に調べたところが高いところばかりで、実はこれぐらいが本来の相場なのかもしれませんが、今の私にはケーズデンキが神のように思えてますよ。今度電気関係で何かあったらすぐにケーズデンキに相談だな! という具合に囲い込まれていくわけですね。怖い怖い。
posted by THU at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック