2022年03月15日

Javardry Ver.1.021、JavardryHTML5版 Ver.0.131、マニュアル Ver.1.01 更新


  • PC、モンスター共に、自分のパーティー(グループ)の人数参照を追加。
     モンスターの行動指定で、グループの現残数を参照して「呼ぶ」判定とかしたいんじゃぜ、という要望があったので追加してみた。他に使うとなると……残り人数によって威力が変動する呪文とか? うん、ちょっと思いつかないね。

posted by THU at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2022年01月06日

Javardry Ver.1.018、JavardryHTML5版 Ver.0.128、JavardryEditor Ver.1.008、マニュアル Ver.1.014 更新


  • PC作成時のボーナスダイスの設定を計算式で指定出来るように変更
     掲示板に「特定の種族だけボーナスを高くしたりとか出来ないんか、おぉん?」という書き込みがありまして、種族ごとに特性値の初期値が決められるし別にいらないんじゃないの、と思って気にしてなかったんですが、性別や性格も参照出来ればなかなか面白いんじゃないか、などと考えた……というのも嘘ではないんですが、わりと簡単に出来そうだったからやりました、というのが一番の理由です。性別・性格・種族の参照は確かに簡単に出来たんですけども、種族コメントの参照も出来た方がいいのかなあなどと考えてしまったのがイカんかったですね。久々に休日を丸々潰してJavardryをいじる羽目になりました。
  • エディタにて、Javardry本体(Java版)とJavardry HTML5版のセーブデータを相互に変換する機能を追加
     Twitterに「セーブデータの相互変換はできねぇのかよオラァン!」というツイートがありまして、あ〜、出来た方がいいのかなあ、互いに大した違いはない(ハズ)だし多分何とかなるだろ、と作業を開始してみました。基本的には同じなんですが、一部書き方が違っていたり、一部間違っていたりして、まあそれなりに時間がかかってしまいましたね。セーブしている全項目について詳細にチェックをしたわけではないので、バグってハニる可能性があります。試す前にセーブデータのバックアップを取っておきましょう。

posted by THU at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年05月02日

Javardry & Javardry HTML5版 & JavardryEditor テスト121

 エディタにて、呪文効果31「最大MP変化」の対象を味方しか選べなかったので修正しました。

 で、本題は別にあって、Javardry HTML5版にて、iPadでは音が鳴らないという報告がありました。正確には、サウンドをONにすると読み込み出来ずに止まってしまうとの事で、サウンドをOFFのままにしておけば動いているとか。多分、同じiOSのiPhoneでも同様でしょう。
 iOS機器は持ってないけど何とか確認したいなーと、AndroidにおけるNoxのような、なんかエミュとかあるだろと軽く探してみたんですが、iOSシミュレータみたいなのはいくつかあるけども、エミュはないっぽい。あくまでもシミュレータだから、それで動いても実機では動かないとかありそうで怖い。かといって、iPadを買うってのもなあ……。う〜ん、まあ、少し考えてみよう。
posted by THU at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年04月28日

Javardry & Javardry HTML5版 & JavardryEditor テスト120

 Java版、HTML5版共に、アイテム解説文等の参照を修正しました。なんかもう、解説文の参照のバグ修正やら何やらって、一体何度目だよって感じですね。一通り確認したつもりなので大丈夫だと思いたいところですが、確認したつもりになってるのはいつものことなので、どうせどこかしらでまた不具合が起こることでしょう。嫌だなー、見なかったことにしたいなー。正規表現とか、未だに苦手なんだよなー。いや、まあだからって他に得意な事とか特にないんですけども。
 限界を感じたら、不格好だけども「○○の文字は使わないでー」とか、そういう方向に逃げるつもりです。不格好とか、今更だしネ!
posted by THU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年04月21日

Javardry HTML5版 テスト007

 YouTubeに、Javardry HTML5版をUbuntuでプレイしている動画があり、そういやUbuntuで試してねぇやクッポポポイ! と思った次第。VirtualBoxに入れてたUbuntuは16.04と古いまま(最新版は20.10かな)だけども、まあ最新のでなけりゃ動かないとかそんなこともあるまいよと実行してみたところ……うん、まあ動くんだけど、音楽がおかしなことになっている。まったく鳴らないとか、音がおかしいとかではなくて、何故かタイトル画面で宿の音楽が鳴っている。他の場面も鳴る音楽が違っていたり鳴らなかったり。なんなのよもう。OSに依存せずに同じように動いて欲しいのになあ。
 一応、なんとかシナリオ設定通りの音楽が鳴るように修正はしてみたけども、OSやブラウザのバージョンによってまたどこかしらでおかしな動作をしそうで怖い。怖いから俺、寝る。
posted by THU at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年03月08日

Javardry HTML5版 テスト006

 一応、シナリオ#1クリアまでは進めたのでver.0.100をテスト公開します。JavardryEditorでHTML5版のゲームデータ出力が出来るので、色々試してみて貰えればと思います。#1の範囲ですらバグが残ってそうですが、他の機能も含めたら一体どうなることやら……。やっほう! 地獄のバグ修正の日々が始まるZE! いや、もう昔ほどの気力はないので、のんびりやるつもりですけどもね。
 HTML5版、と言うよりシナリオの設定の話なんですが、アイテムドロップが想像以上に渋い気がしますね。まあ入手経験値倍率変更のデバグコマンドを使って時短プレイをしていて、戦闘回数(宝箱の出現回数)が少なかったから、というだけなんですけどね。そう考えると、かき混ぜ棒(ワーリングミキサー)は入手出来なかったけれども、悪のサーベル、マンイーター、デーモンスレイヤー、盗賊の短刀等が出たので、それなりに運は良かったのかもしれない。鎧はますらお止まりだったけども。あとは支えの盾と悪の兜くらいか。余裕はないけども、そんくらいの装備でもクリアは十分可能だしね。三種の神器とかになると、もう趣味の世界だもんね……。まあ原作プレイ時は全アイテム制覇までは狙わないけども、三種の神器クラスの装備を揃えるまではやってましたけどねー。
 いや、うん、そんな話はどうでもよかったですね。もしよかったら、HTML5版のバグ出しに協力願えれば幸いであります。
posted by THU at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年02月28日

Javardry HTML5版 テスト005

 バグを直しながら進めて、ようやく地下2階に辿り着きました。疲れたので今日はここまで。いや、まさか新規キャラ作成に半日使うとは思ってませんでした。キャラ作成はWizの醍醐味、転職のことを考えて悩みに悩んで時間がかかりました……というのではなく、バグ修正のためです。当然バグはあるだろうと思ってはいましたが、キャラ作成にバグがあるってのは予想外過ぎましたね。そこんとこを作ったのは大分前ですが、当時散々試したハズなんだけどもなあ。後々に修正して、修正後の確認はしてなかったとか、そういう感じじゃろか。他には商店での買い物時のバグ、宝箱の罠発動時のバグ(毒針にかかったら全員が毒になってチビりそうになった)、その他いくつかのバグを修正しました。バグを修正しながらでも一日あればクリア出来んだろ、とか甘い事を考えていたのは誰ですか。先生怒らないから手をあげてみろ〜。
 締め切りがあるわけでもなし、まあのんびりやっていきましょうかね……。
posted by THU at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年02月27日

Javardry HTML5版 テスト004

 いやもう、がっかり八兵衛ですよ。Edgeで動作が止まるってんで調べてみたら、そもそもローカルではクロスドメイン制約とかいうのにひっかかってgetImageData()が使えないんですってよ。getImageData()が使えないと、えーと、画像の表示だけなら出来るけれども、透過度をいじったりモザイク処理をしたりとか、まあそういう画像処理が出来ないんですわ。つか、getImageData()だけを使わなければいいってもんでもないので、クロスドメイン制約問題は避けて通れない道のようですな。正直避けたい。と言うか、もうなんか萎えちゃったのでHTML5版を無かったことにしたい。
 まあ泣き言を書き連ねても仕方がないので、回避方法を探りましょう。と言うか、今のところ私の環境では何故か、FirefoxとChromeではローカルで普通に動いてるんですよね。以前、ローカルでの外部ファイル読み込みのためにいくつかセキュリティ関係の設定をオフにしたんですが、その影響だろうか。外部ファイル問題は別の方法で解決したので、元に戻したと思ったんだけどなー。
 いや、うん、まあとにかく回避方法なんですけれども。テキトーに調べてみたところ、いくつか裏技的な方法もあるようなんですが、そもそも回避も何も、最初っからサーバ上で(オンラインで)動かせばいーじゃん、それが一番楽じゃん、という話のようです。……うん、そうなんですけどもねー。出来れば無駄に通信を行わないスタンドアロンなゲームとして遊んで欲しいなーって思うんですけどもねー。
 はい、そんなわけで、回避方法と言うか正攻法と言うか、オンライン動作させるってのが最も手っ取り早い解決方法なんですけども、それでもやっぱりローカルで動かしたいってのが正直なところ。そうなったらもう、ローカルサーバを立てるっきゃないでしょう。昔、Perlで掲示板だの簡易データベースだのいじくってたときに使ってたなあ。ただ、プログラム組んだりとかしない人にはローカルサーバと言ってもなんのこっちゃとなる可能性が高い気がするので、なんかこう、お手軽クッキング的に使えるフリーソフトとかないのかなーと思って調べたら、ありました。こちらのコラムで紹介されてたServedというソフト。これホントにお手軽ですごい。これで試したらEdgeでちゃんと動いてました。
 うん、これでようやくテストを開始出来るかな! (まだテストの通しプレイを開始すらしていない)
posted by THU at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2021年02月24日

Javardry HTML5版 テスト003

 抜けはありそうだけども、とりあえずは作り終わった、ような気がする。まあ当然バグはあるでしょうから、これからシナリオ#1を試しにプレイしていこうと思います。
 ゲーム(シナリオ)データもjsファイルにしたんで、ローカルで動作させる際のセキュリティ問題も解決してます。多分。ただし、スマホ(Android)でローカルで動かそうとすると、ちょっとだけ面倒なんよね。まあ面倒って言っても、ブラウザのアドレスバーに「file:///sdcard/」って入れて、そこから実行用のHTMLファイルにアクセスするだけなんだけど、他の人の環境でも出来るのかどうかわからないし、今後もその方法が使えるのかどうかも怪しい気がするし、どうにもスマートじゃない。いや、まあJavardry自体がスマートさとは無縁なんだけども。iPhoneは試す環境がないのでわかりません。
 まだ通しプレイすら試していない状態ですが、一応アップしておきましたので、気ぃ向いたら試してみて下さい。私は……なんかえらく疲れたんで、後日ゆっくりとテストしてみることにします。
posted by THU at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2020年12月02日

Javardry HTML5版 テスト002

 戦闘、及び戦闘終了後の宝箱の処理が大体出来た気がする。……が、呪文効果はまだ出来ていないため、呪文使用・アイテム使用・宝箱のトラップ・イベントでの呪文効果など、結構重要な部分が抜けている状態です。先は長いなぁ……。
posted by THU at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2020年07月21日

Javardry HTML5版 テスト001

 「HTML5で作ればスマホでも動くんじゃね? HTML5の練習がてら、ちょいと試してみるか」と思ったのが昨年の9月。それから、直せるとこは直しつつ、何とかかんとか移植作業を続けてるんですが、10ヶ月経った今もまだ全然終わりません。全然ってことはないか。残るは戦闘と呪文効果だけっちゃあだけなんですが、その二つは時間かかるだろうなあ。う〜ん、まああと1年以内には何とかしたいですね。
 ローカルでもWeb上でも動きますが、IEでは動きません。つか、クラス使えないとかIE対応悪すぎでしょ。まあedgeとかいうのに移行をすすめてるらしいので、edgeなら動くのかもしれない(試す気なし)。普段はWaterfox(Firefox派生ブラウザ)を使っていて、それだとローカルでもWebでも問題ないんですが、ChromeやFirefoxでローカル動作させるには設定いじったりする必要があります。まあ今のところはテスト動作用にWebにアップしてるので気にしなくてもいいでしょう。多分。
 ダンジョンのグラフィック表示、JAVA版では画像を変形させて無理矢理表示させているので微妙なズレがあったりしたんですが、HTML5版ではポリゴンにテクスチャを貼り付けて表示させているので、ぱっと見では違いがわかりにくいですが、いくらか自然な表示になった……気がします。
 スマホ動作時、javascriptのエラーではなく、ブラウザのエラーのようなものが頻繁に出ていて、軽く調べてみると、メモリを使いすぎた場合なんぞに出ることがあるとか何とか。前に使ってたスマホだとメモリ少ない(2G)んで、そのせいかなーと思っていて、新しいスマホ(メモリ4G)で試したところでは、今のところ同エラーは出てません。でもまあちょっと怖いので、初期設定では音楽と効果音どちらもオフにしてます。
 HTMLファイルへの記述により、スマホ(やタブレット)用のタッチコントローラーを表示させることが出来ます。タッチ操作は……まあ使いやすいとは言い難いですが、初見でも困らない程度には使えると思います。キー操作設定はJAVA版と同様にファイル記述式なので、Webにアップされたものをプレイする場合には変更出来ません。
 えーと、あと何書こうと思ったのか忘れてしまったのでこの辺にしておきますが、とりあえず、今こんなんやってますよという紹介と言うか報告のようなつもりでした。戦闘と呪文効果がないので、現状ではパーティーを組んでダンジョンを歩くぐらいしか出来ませんが、動作確認のつもりで、一度試してもらってもよいかもしれません。なお、PCの顔画像はテスト表示用にとり夫氏のモノを利用させてもらってます。
posted by THU at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2020年06月15日

Javardry & JavardryEditor テスト112


  • 呪文効果「200:HPダメージ」「201:減命、即死、HP吸収」「202:ブレス」において、冒険者が死亡した場合の状態を「死亡」「灰」「消滅」から選択できるようにしてみた。
     GBC版のジルワン(不死系1体を即死させる。PCが対象の場合は死亡ではなく灰になる)のような呪文を作りたい、という要望がありまして、まあダメージ呪文や即死呪文をちょろっといじるくらいなら何とかやれるかなーと思いやってみました。死亡するとロストしてしまうモンスター専用の攻撃呪文とか……え、やりすぎじゃね? ま、まあ何とかうまいこと使って下さい。

posted by THU at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2020年01月28日

Javardry シナリオ #1 剣匠王の試練場 Ver.1.007


  • とり夫氏のモンスター画像を設定。いくつかのモンスターの名称を変更。
     いつかやろうと思いつつ、面倒なので放置していたとり夫氏モンスター画像の設定を実施しました。それっぽい画像がないモンスターは名称を変更してますが、画像が付いただけなので再プレイするほどのものではないですね。

posted by THU at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年12月21日

Javardry & JavardryEditor テスト111


  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] エディタでのcheckボタンクリック時、改行処理後のテキストをテスト表示させるだけに変更。
     エディタでのテキスト(イベント時の表示文章等)編集時、決められた文字数で自動的に改行が入ってしまって、長文なんかを後から直そうとすると、いちいち改行を削除してから修正して……なんて具合に結構面倒なことになってました。前々から気になりつつも面倒で放置してたんですが、何やらちょっとだけやる気が出たので修正してみました。
     何と説明したらいいのか、実際に改行処理を行うのは本体側で行うようにして、エディタでは改行処理後にどう表示されるか(どこに改行が入るか)をテスト表示させるだけにした、とか、まあなんかそんな感じです。テスト表示を確認して、必要なら手動で改行を入れる、みたいなやり方になるんじゃないかなー。(他人事のように
     一通り確認はしてみた(つもり)ですが、例によってどこかしらがバグってハニってる可能性が大いにありますので、もし表示のおかしいところを見つけたら教えてつかぁさい。(あるとすれば、改行が行われずに一行のテキストが画面外に続いてしまう、という状態になりそうな気がします)

posted by THU at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年12月05日

Javardry & JavardryEditor テスト110


  • [Javardry, マニュアル] 効果音にMP3を使用可能にした……が、ちょっと重いとか、いくつか問題あり。Windows環境なら、なんとか使い物になる……といいなあ。
     まあ、その、更新履歴に書いた通りなんですけんども……。今まで効果音はWAVEファイルにしか対応してませんでした。何故かと言うと、JAVAでのMP3再生はよくわからない状態で何とかかんとか鳴らしている状態なので、あまりいじりたくなかったためです。しかし、今どきWAVEのみって、Win95時代かよ、という自らの心の声を無視出来なくなり、ちょいとやってみたってえわけです。ちょっとばかり重いですが、ウチの環境ではまあ何とかプレイに耐えうるぐらいには鳴っています。ただし、Linux(OpenJDK)ではダメでした。詳しく調べたり直したりする気力がないので、Linuxでは諦めてもらう方向で。Windows環境での(MP3効果音再生時の)不具合は、まあ出来る限り直したいなあと思ったり思わなかったり。

posted by THU at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年08月18日

Javardry & JavardryEditor テスト109


  • 【仕様変更】フラグと特殊フラグを分け、フラグを9999まで使用可能に。
     フラグは1000個もありゃ十分じゃろと思って、1000と1001を特殊フラグ扱いにしてたんですが、でもフラグが足りないとか言われたらどうしよう、そんときに直すの面倒だしそのうち何とかしないとなー等とも思ってまして、特に要望があったわけではないのですが、何となくごく微量のやる気が出たので通常のフラグと特殊フラグを別に分けました。これまでの特殊フラグ(Flag[1000]、Flag[1001])を利用していた方は修正が必要です。あと、そんなにはいらないだろうと思いつつも、(通常の)フラグを9999まで利用可能にしてみました。

posted by THU at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年08月16日

Javardry & JavardryEditor テスト108

 要望があったのでテキトーに。

  • 職業ごとの呪文習得の最低呪文レベル設定を追加
     最低・最大呪文レベルを設定することで、呪文レベル1〜3だけを習得する職業、4〜6だけ習得する職業とか作れるんじゃないかなー、作れるといいなー。なんで最小でなく最低としたのかは不明。暑さで頭やられてんのかな。
  • 呪文効果211「モンスターの召喚」において、召喚されるモンスター数の計算式指定を追加
     召喚モンスターの召喚数を呪文効果側で指定出来るようにした。そのつもり。多分。値(というか計算結果)がマイナスになるようにしておけば、従来通りに元々のモンスターの出現数になる。
  • 城のイベントに背景画像の変更を追加
     城のイベントごとに背景画像を変更出来るようにはしてみたけども、テキストでほとんど隠れちゃうからあんまり意味ないと思うんだよねー。思ったほど手間じゃなかったからいいけども。

posted by THU at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年05月06日

Javardry & JavardryEditor テスト107


  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] 呪文効果422「フラグ操作」の実行条件において、術者、及びイベント時の対象者の参照を追加。
     my、target での術者や対象者の参照を出来るようにしました。術者の能力値等に応じてフラグ操作の実行の有無が変わる、なんて使い方が出来るかと思います。ただ、今回呪文効果の簡易条件分岐を作ったので、フラグ操作の実行条件はもう使うことはないかもしれませんね。
  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] 呪文効果の簡易条件分岐を追加。(呪文効果429「呪文効果ラベル」、呪文効果430「呪文効果スキップ」)
     前々から呪文効果に条件分岐がないのは気になっていたんですが、一体どうやって作ればいいんだよめんどくせえ! と放置してました。が、何も難しく考えずとも、効果をスキップさせりゃいんじゃね? と思ったのでやってみたら、あんまり自由度は高くないですが、一応出来たような気がしなくもないです。使用者のレベルや能力値等で効果の変わるアイテムとか、なんかそんなのが作れるんじゃないかな〜、とか思ったりします。

posted by THU at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2019年02月07日

Javardry & JavardryEditor テスト105


  • [Javardry, マニュアル] ブレス障壁の有無を参照可能に。
     毒や麻痺効果等を用いて擬似的に状態異常をおこすブレスを作成し、それらのブレス扱いの特殊攻撃をブレス障壁で無効化させたい、という要望がありましたので、ブレス障壁の有無を参照出来るようにしてみました。しかしまあ、色々と考えるもんですね。参照は出来てるはずですが、これで考え通りに動作するんでしょうかね?(他人事のように)

posted by THU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2018年12月13日

[Javardry] アイテム受け渡し時の対象者切り替え

 アイテムの受け渡しをする際、渡す相手の切り替えは、現在、左右移動キー(デフォルトではShift + 左右矢印キー、テンキーの7, 9等)で行うようにしてあるんですが、以前は左右キー(デフォルトでは左右矢印キー、テンキーの4, 6等)での操作だったため、以前は出来たハズの切り替えが出来なくなっておるわグワハハハハ、となってしまう方がいるよーです。変更した直後に切り替え操作が出来ずに困惑している方がいるようだったので、マニュアルの「操作方法」、及び「呪文とアイテム」のアイテムの項目に追記はしておいたんですが、最近にもまた同様の訴えがあったようです。まあ、確かに、そこに書いてあると言われて初めて気がつくぐらいにわかりにくいですよね。
 一応、操作方法を変更した理由を書いておきますが、アイテムの最大所持数を増やしたためです。所持アイテムが選択項目の1ページに収まらない可能性があるため、左右キーは所持アイテムのページ送りに使用することとなり、対象者切り替えは左右移動キーで行うように変更しました。所持アイテムが多い(1ページに収まらない)場合にのみ左右移動キーでの操作にする、なども考えましたが、状況により操作方法が変わるというのもかえって混乱させてしまうかと思い、現在の仕様にしています。
 これ、どこに書いたら気がついてもらえるんだろうなあ。マニュアルのここに書いておけばいんじゃね? 等の意見がありましたらお知らせ願いたい。
posted by THU at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作