2017年01月02日

Javardry & JavardryEditor テスト93

 JavardryのLinux(Ubuntu)での実行時、OpenJDKでは効果音の再生に問題があり、Oracle JDKではMIDIの再生に問題がある等、どうにも音関係に悩まされますね。MIDIや効果音の再生方法を変更すると改善される……場合もあるようなので、再生方法の指定(起動時の引数)を強化し、指定方法を変更しました。
posted by THU at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2016年12月31日

Javardry & JavardryEditor テスト92

 Linux(Ubuntu)でのJavardryの動作テストは古いノートPCにUbuntuを入れて行っていたんですが、そういや仮想ますぃーんにUbuntuを入れるという手があるよなあと、ふと思い立ったので、VirtualBoxにUbuntuを入れてみました。いちいちノートPCを起動するのが面倒で、ここしばらくはUbuntuでの動作テストをまったくしていなかったんですが、まあ大丈夫だろうと甘く考えていたところ、Javardryは見事にフリーズしてしまいました。起動はするものの、効果音を一度鳴らすと音楽は途中で止まり、次の効果音は鳴らなくなり、さらに次の曲を鳴らそうとする(場面を転換させる)とフリーズしてしまうというもの。最初から効果音や音楽を鳴らさない設定にしておくとフリーズはしない。
 これ、2016年03月09日の日記に書いたんですが、一度同じ症状が出てるんですよね。OpenJDKでは症状が出て、Oracle JDKでは症状が出ないのも一緒。その時は、1秒未満のWAVEファイルを1秒以上にしてやることで解決したはずだったんですが、今回は解決方法がわからない。とりあえず、起動時に引数 -seAc を指定して効果音をAudioClipで鳴らしてやればフリーズはしないようですので、Linux(OpenJDK)使いの方は試してみて下さい。マニュアルに追記しておきました。
posted by THU at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2016年05月03日

電子タバコ

 iQOS使用者が増えてきたらしいですね。まわりの喫煙者も何人かiQOSに切り替えたようで、まずいまずいと言いながら頑張って吸っています。タールをカットしたいだけならカットフィルター(パイプ)でもつけて吸えばいいのにとか思ったりもしますが、あの手のフィルターもどれくらいカット出来てるのかわかりませんしね。他にも火を使わないから安全だとか、まあ色々と理由はあるようですし。
 私は結構前からニコチン入りのリキッドを使用する電子タバコを使用しているのですが、最近話題のiQOS(フィリップモリスジャパン)やPloom TECH(JT)はタバコ葉を使った加熱式の電子タバコのようです。ニコチン入りのリキッドは日本国内では厚生労働省の認可がどうたらで販売出来ない(個人輸入するしかない)ため、iQOSはタバコ葉を燃やすのではなく加熱して(蒸して)ニコチン入りの蒸気を吸うように作ったとか何とか。Ploom TECHの場合はカートリッジ内のリキッドを霧状化させるところは今までのリキッドタイプの電子タバコと同じようですが、その後タバコ葉の詰まったタバコカプセルを通過させることでニコチンを含ませているそうです。いずれにせよタバコ葉を使っているので、リキッドに直接ニコチンを入れるのはダメでも、上記二つの方法ならば普通の紙巻きタバコと同じ扱いで日本国内でも販売出来るようです。
 iQOSにはタバコの銘柄が4種類あり、レギュラーはゲロマズで吐きそうになったと聞いたので、わりとイケるらしいメンソールを試しに吸わせて貰ったところ、確かに違和感なく吸えました。タバコ葉を使っているだけあって、タバコっぽさも感じられた……ような気がします。ただ、リキッドタイプの電子タバコに慣れている所為で違和感を感じなかっただけかもしれません。リキッドにも色々なフレーバーがありますが、タバコっぽさという点では実際にタバコ葉を使っているタバコ葉加熱式には到底敵わないのでしょう。多分。
 iQOSやPloom TECHには、臭いが少ない・火を使わない(ゆえに煙が出ない、灰が出ない、タールが出ない)・有害物質が軽減されるといったメリットがあり、従来のタバコとはやはり味わいが異なる・充電したりなんだりと手間がかかる等のデメリットがあるようです。本体(バッテリとか充電器とか諸々一式)価格はiQOSが9,980円、Ploom TECHが4,000円で、それぞれキャンペーン中だと半額くらいで買えるらしく、リキッドタイプの電子タバコ本体一式も数千円から10,000円くらいが多いのでまあ大体同じくらいの価格帯で買えるようですけども、私としては、カートリッジ(タバコ葉)が高いというのが最大の欠点に感じます。高いと言うか、従来のタバコと値段同じなんですよね。iQOSのカートリッジ(ヒートスティック)は20本入りで460円。Ploom TECHはたばこカプセル5本とカートリッジ1本がセットで460円ですが、これはタバコ本数20〜25本相当らしいので、まあ大体同じと言ってよいでしょう。
 リキッドは何mlでタバコ一本分と換算するのは難しいですが、大体0.1mlで一本分相当と言われていて、リキッドの価格はピンキリですが、私が主に購入しているのは10mlで500円くらいです。つまり、500円で100本分、タバコ5箱分は吸えるということです。消耗品(二週間に一回ぐらいの割合でコイルユニットの交換が必要。一個200円くらい)があったり、輸入しているので送料がかかったりもしますが、ランニングコスト(って言うの?)は従来の紙巻きタバコに比べたら半分以下、正直1/3か1/4くらいにはなってます。
 iQOS等が流行る前から電子タバコをまわりに勧めていたのに全然乗ってくる人がいなかったのに、今になってiQOS使用者が増えるってどういうことなのよ! とか思ったりもしますが、私の場合は健康がどうとかいうより、単純に金がかかりすぎるのが問題で電子タバコに切り替えたために安くあがって最高だわーと思っているものの、他の人は健康面を気にしつつも、出来るだけ従来のタバコに近い風味を楽しみたいという気持ちがあるのかもしれませんね。まあ、多分、コンビニとかで普通にニコチン入りのリキッドが売られるようになればリキッドタイプを選ぶ人も増えると思いますけども。やっぱり宣伝とか買いやすさよね。……健康面にせよ金銭面にせよ、そんなことを気にするならそもそもタバコやめりゃいいだろ、という至極まっとうな意見はスルーの方向でお願いします。
posted by THU at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月25日

[といや] かつ丼と冷たい肉そば

 冷たい肉そばを食べに、山形県河北町の「といや」に行ってきました。一寸亭本店よりは好みだけども、山形一寸亭の方が好きかも、と思ったんですが、いずれ他の冷たい肉そばは食べてから大分経っているので、自分内評価としても大分怪しい気がする。まあ、普通に美味しかったですよ。スープがあっさり目なのがいいです。
 で、この「といや」は河北町谷地名物のかつ丼と冷たい肉そばの両方を楽しめる店ってんで行ってみたので、ミニかつ丼のセットを頼んだんですが、これは当たりでしたね。揚げたてサクサクのかつがやたらと美味い。そば無しでかつ丼だけでも良かったかも、と思ったくらいに。
 つか、暖かくなってきたとは言え、まだ冷たい肉そばは早かったかもしれない。温かい肉そばもあるので、そっちにすれば良かったかと少々後悔したり。地元の人は冬でも冷たい肉そばを普通に食べるとか聞きますが、私はクソ暑い夏場にこそ食べたいですねえ。
posted by THU at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月09日

Javardry & JavardryEditor テスト91


  • ゲームパッド操作に対応
     JAVAだとゲームパッド使うの大変らしいし、JoyToKeyとか使えばいーじゃないと思って放置してたんですが、ふと気になって調べてみると、結構簡単に使えるようになるライブラリがあるっつーことで試してみたところ、確かに簡単にゲームパッドを認識出来るようになりました。その後意図通りに動かすのには苦労しましたが、まあ普通に使えるレベルにはなったんじゃあないかと思います。
     ただし、Windowsの場合はゲームパッドさえ繋いで(OSに認識されて)いれば特に事前作業とかいらないんですが、Linux(Ubuntu)の場合にはちょっとした手間がかかります。最初にゲームパッドをOSに認識させておくってのはまあ当然必要なんですが、ネイティブライブラリにパスを通してやらないとダメなんですね。Windowsの場合にはdllをJavardry.jarと同じディレクトリに入れておけばいいんですが、Linuxの場合には libjinput-linux.so, libjinput-linux64.so をどこかのディレクトリ(例えば /usr/local/lib)に入れてやって、
    LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib; export LD_LIBRARY_PATH
    なんてなコマンドでパスを通して、共有ライブラリとして認識させてやらないといかんらしいです。さらに、JAVAがゲームパッドの情報を読み込もうとして、元々所有者以外は読み書き不可の /dev/input/* にアクセスするため、
    sudo chmod go+r /dev/input/*
    こんな感じで所有者以外でも読めるようにしてやらないといけないよーです。この二つをやってからJavardryを実行すれば、ゲームパッドが使えるようになります。いや、Linuxは素人同然なんで、実は他にも何か問題があるとしてもわかりゃしませんが、とりあえずは以上の手順で使えました。
     今回説明した手順だと、OSの起動ごとにパス通しとパーミッションの変更を毎回やる必要がありますが、設定ファイルを書き換えてやれば省略出来ます。面倒なんで説明はしませんけども、まあLinuxを普段使いしてるような人なら多分わかるんでしょう。ググればやり方出てきますし。
     JAVAライブラリ、およびネイティブライブラリが増えてますので、本体一式を落として下さい。
  • LinuxでOpenJDKを使用している場合、1秒未満のwaveファイル再生に不具合があるため、効果音ファイルを修正
     私の場合、Linux(Ubuntu)にはOracle JDKとOpenJDKの両方を入れてるんですが、OpenJDKでの動作時のみ、効果音を鳴らすと音が(音楽も効果音も)一切鳴らなくなったり、フリーズしてしまったりという症状が出ており、延々悩んでいたんですが、どうやらOpenJDKの仕様なのかバグなのか、再生時間が1秒未満のwaveファイルを再生させるとアカンようでした。で、対策として1秒未満の効果音に無音時間を追加してやって、再生時間を1秒以上にしてやったところ、特に問題なく鳴るようになりました。普通気がつかないでしょ、こんなこと……。
     まあそんなわけで、効果音のwaveファイルを修正しているので、Linux環境でプレイする人は本体一式を落とし直して下さい。また、Linux環境でのプレイを考慮するシナリオ製作者の方は、効果音配布時、再生時間に注意して下さい。
  • 効果音が被ったり鳴らなかったりする症状をいくらか改善……出来たような気がしなくもない
     効果音が時折鳴らなかったりする問題は、大分前から気になってましたし、何度か指摘もされてるんですが、どうにもはっきりとした原因が掴めずそのままになってます。同じ音を連続して鳴らす際の処理に問題があるのだろうと当たりを付けてはいるんですが、どうにもうまくいかない。今回は、同じ音を連続して鳴らす際に、前の音がまだ再生中であれば強制的に一旦停止させ、さらに1msecのウェイトを置いて(何故かこれがないとうまく鳴らない)、それから次の音を再生させるという形にしてみました。いや、似たようなことは前からやってるんですが、ちょっと方式を変えてみたところ、少し改善されたような気がしないでもないです。とりあえずは様子見で。

posted by THU at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2016年01月22日

Javardry & JavardryEditor テスト90


  • [Javardry, マニュアル] 条件参照のDumpItem[ ][ ]の書式を変更
     DumpItem[ダンジョン番号][アイテム番号] でしたが、pt.haveItemNum[アイテム番号][装備状況] とアイテム番号の位置が違うのが気になったので DumpItem[アイテム番号][ダンジョン番号] に変更しました。使用している方は変更を忘れずに。
  • [Javardry, マニュアル] モンスター固有の戦闘曲を前列から優先に変更
     所持アイテムは先頭モンスターの設定が有効になるのに曲は後列というのがしっくりこなかったので変更しました。より前列にいるモンスターの固有曲が優先されるので、固有曲の設定されたモンスターが一番後列のモンスターのみであれば結局は一番後列のモンスターの固有曲が流れます。
  • [JavardryEditor, マニュアル] リストの追加・削除・並び替えの際に、カンマ区切り等の数字指定箇所や参照値も連動して変更するように修正
     今回もっとも時間がかかりました。一週間ぐらいずっといじっていて、途中でやめようかと思った。まあそんな苦労話はどうでもいいですね。
     2chのWizライクスレに、アイテム等の並びを変更したときにモンスターの所持アイテムやイベントアイテム等の設定を手作業で変更すんのがしんどいんだぜ、という書き込みがありまして、確かにそりゃそうだっつー話なんで、カンマ区切り等の数字指定箇所やアイテム等の参照値なんぞを、リスト変更時に連動して変更するようにしました。便利にはなったと思いますが、残念ながらクソったれに重くなりました。でも、多分あった方がいいよね、この機能。
     複雑な、と言うより少々無理矢理感のあるやり方をしているので、多分どこかしらにバグがあると思います。いきなり本データに上書きはせず、仮のデータでテストして貰った方がよいかと思われます。
  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] 「アイテム」タブの「アイテムドロップテーブル」タブにアイテムドロップテーブルのリストを追加
     モンスターごとにドロップアイテム設定すんの面倒じゃよね、という意見がありまして、まあこれもまたその通りなのでアイテムドロップテーブルを作成し、モンスターごとにテーブルを参照出来るようにしました。以前までのゲームデータと整合性を持たせる意味もあり、モンスター個別の設定も残してあります。

posted by THU at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2015年12月20日

Javardry & JavardryEditor テスト89


  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] イベントなしの場合にもイベントの再実行を出来るように変更
     イベントなしの場合であっても、効果音を鳴らすだけ、あるいはフラグ操作を行うだけという場合も考えられるため、イベントの再実行を出来るようにしました。
  • [Javardry, マニュアル] pt.gm[ ] で汎用修正値の平均値等を参照出来るように変更
     使いみちがあるのかどうかはわかりませんが、要望があり、大した手間ではなかったのでやってみました。
  • [JavardryEditor, マニュアル] エディタの計算機を、置換する参照値を自由に設定出来るように変更
     対応していない参照値等が増えてきたのでいじりました。すぐ出来るだろと思っていたらやたらと時間がかかってしまって半泣きになりました。まあ、どうせすぐにバグが発覚してまた泣くことになるんでしょうけども。
  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] ダメージの修正(ACや特性値等によるダメージ軽減等)を追加
     AC等を防御力と見なしてダメージ値を軽減させようとすると、各武器のダメージ値を全部修正しなければならなかったので、ダメージ値を修正する項目を追加してみました。

posted by THU at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2015年12月10日

Javardry & JavardryEditor テスト88


  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] 「全モンスターが逃げた場合宝箱が出ない」設定を追加
     要望があったので。この場合の宝箱が出ないというのは、アイテムの直接入手も無くなり、入手金も無くなります。
  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] レベルアップ時、呪文を順番に習得する設定を追加
     元々は呪文習得に優先順位を付けたいという要望だったのですが、優先順位を別に設定するのは手間なので、並び順の通りに習得していく形にしました。
  • [Javardry, JavardryEditor, マニュアル] モンスター出現以外のイベントでも、イベントの再実行を実行出来るように変更
     フラグ操作等での条件設定により、ワンアクションで複数のイベントを発動させることが出来ます。アイテムを入手し、呪文効果を発動させ、さらにテレポートさせるといった使い方が出来るかと思います。

posted by THU at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2015年12月01日

Javardry & JavardryEditor テスト87


  • [Javardry, マニュアル] 床、天井の画像表示を変更
     ダンジョン内の画像表示時、床と天井の画像は一枚の画像を拡大して表示させていたために、壁等とのズレが大きく見栄えの悪いものでしたので、1ブロック分の画像を敷き詰めて表示させるように変更しました。無理矢理調整した感はありますが、まあ大分マシになったのではないかと思います。床と天井の画像も更新しましたので、ファイル一式を落とし直してもらうとよろしいかと思われます。

posted by THU at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作

2015年11月26日

Javardry & JavardryEditor テスト86


  • [Javardry, マニュアル] 特性値、AC、呪文無効化率、命中値の参照を修正
     呪文等による修正前の初期値を参照したいという要望があったので、呪文等により修正された最終値(現在値)だけでなく、初期値とアイテムによる修正後の値を参照出来るようにしてみました。特性値に関しては、今まで abi[] で初期値、abi2[ ] で現在値としていましたが、ACや呪文無効化率に合わせて abi[](現在値), abi0[ ](初期値), abi1[ ](アイテム修正後の値)で参照するようにしたので注意して下さい。とは言っても、今のところは abi2[ ] でも現在値を参照出来るようにはしてありますけども。
  • [Javardry, JavardryEditor、マニュアル] ランダムエンカウントモンスターとの遭遇率を修正する呪文効果を追加
     要望があったのでモンスター遭遇率の修正呪文効果を作ってみました。Wizは玄室以外でのモンスターとのランダムエンカウント率は非常に低く設定されているので、正直、Wizに遭遇率修正とかいらなくね? とか思ったりもしましたが、玄室設定を使わずにランダムエンカウントをメインにしたシナリオを作りたいなんて場合もあり得るなーってことでやってみました。
  • [Javardry, JavardryEditor、マニュアル] 宝箱の出現率設定を追加
     ランダムエンカウント時には宝箱が出る確率は0だったのですが、玄室設定を使わない可能性を考え、宝箱の出現率を設定出来るようにしました。特定モンスターのときのみ宝箱が出る、といった設定も可能です。

posted by THU at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作